越後駒ケ岳/佐梨川金山沢奥壁 第2スラブ [登攀]

越後駒ケ岳/佐梨川金山沢奥壁 第2スラブ [登攀]

2010.06.12–13 治田ほか1名


ルート:金山台地~取付~中央バンド~郡界尾根~オツルミズ沢~小屋~山頂~小倉尾根下山


まず、完登できたことはとにかく、うれしく、一発大物の壁やれたと嬉しさに浸っています。

また、相棒にたいへん感謝します。

 

やはり佐梨の金山沢奥壁は甘くありません。かなり悪いピッチがそこそこにあります。

それは事前のトポからは読み取れないものです。今回もそれは来ました。

 

最後の後半、中央バンドからの雪渓の台地の上ピッチ。下からはまったく読めない。これが絶悪に近いクライムピッチ。

垂直のブッシュから垂直に近い壁の登攀、ホールドが細かく飛んでいる。丁寧に拾ってつなげるしか術はない。

丸々50mが真剣勝負。いや、順番から相棒のリードになったが、激闘の登攀としかいえません。

フォローでも、まったく嫌になる恐ろしいクライム。まったく数字では表現できないグレードです。

そして最後に垂直のブッシュ登攀。これまた、10数ピッチをこなした体にはエグすぎる。

足場がないんでハング状態での登りが続く。第二スラブ強烈。まったく恐るべし。

 

やっぱ佐梨の壁に挑むものは、相当の全ての山力を備えていないと危険極まわりない。

今流行の先端のフリークライムの技だけではまったく通用しません。

ああ、これが山の岩壁であり、本物の力を要求される壁だと痛感しました。

13時間のフル行動で小屋に抜けましたが、初日から体がガタガタになる強度のある山は、そうあるのではありません。

 

どうぞ、皆さんも気合を入れて、全身気合の塊で山やってください。そういう山を続けていると、佐梨も近づいて来るかもしれません。

もちろんそれは、求めている者にしか、訪れては来ません。

僕は、えらく以前から佐梨はいつかはやりたいと考えていたものです。第3スラブに始まり、第4スラブの最上部の事故。そしてこの第2スラブ。

どれもこれも、ほんと、やっぱ凄い所だわ。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  動画(佐梨川金山沢奥壁 第2スラブ)23sec


 

山登魂HPへ